闇金問題の解決は弁護士に無料相談しよう|債務整理完全ガイド

闇金でお悩みなら早期解決しましょう。

前へ
次へ
トップ > 闇金特集 > 闇金問題の解決まるわかり完全ガイド

闇金のトラブルは弁護士にまかせて解決!もう取り立ても恐くない!

闇金の取り立ては弁護士に相談をしよう

自由に使えるお金がなく、消費者金融の審査も通らず、お金を工面できる当てもない。お金に困って八方塞がりになると、ついには闇金から借金してしまうという事態に陥ってしまうこともあるでしょう。闇金の窓口とは気付かずに借り入れを申し込んでしまって恐ろしい取り立てに悩んでいるという方も少なくないはずです。

しかし、闇金は、常識ではあり得ない口実を作って金品などを要求し、支払いに応じなければ、強引な取り立てに遭って平穏な生活が送れなくなってしまいます。

この記事では、闇金から借金することの恐ろしさと、解決実績のある弁護士の助けを借りて闇金のトラブルを解決する方法をご紹介します。

闇金の取り立ては、執拗な嫌がらせが続く

闇金の取り立ては弁護士に相談をしよう 闇金トラブルの相談は弁護士にしよう

闇金の業者は、とにかくターゲットを追いつめて、1円でも多く金品をせしめようとしてきます。

例えば、「トイチ(10日で1割)」、「トサン(10日で3割)」、「トゴ(10日で5割)」など独自のルールで利息を設定して取り立ての口実を仕立て上げたりしています。

トイチの場合で年間365%の金利になりますから、とても完済できる見込みはありません。

法律で認められている金利の上限は年間15~20%ですから、どれほど無茶な要求かは比べればご理解いただけるかと思います。

他にも、勝手な理由で返済額を引き上げたり、いつの間にか連帯保証人に仕立て上げられていたりと取り立ての口実を作ってきます。

脅すことができれば、内容は無茶苦茶でも構わないのです。

取り立ての行為も悪質で、ターゲット本人だけでなく、ターゲットの家族や親類、職場など、相手構わず、ところ構わず、時間もお構いなしで嫌がらせを行います。

電話の取り立てが一番多い

闇金トラブルの相談は弁護士にしよう

一番多く利用される取り立ての手口は電話です。

携帯電話や自宅の固定電話には、常に脅迫のような電話や無言電話を夜中だろうと休む間もなくかけ続けてきます。

同様に職場にも業務の妨げになるほど電話をかけ続けてきます。

ターゲットへの電話で思うように金品を取れなければ、次は家族や親族、友人や知人といった、ターゲットの関係者へ取り立ての範囲を広げ、関係先の自宅や携帯電話、職場や学校などへ電話をかけ始めます。

関係先とあらば、幼稚園にでも電話をかけるケースも見られます。

闇金トラブルの相談は弁護士にしよう

 「ヤミ金融対策法」の成立にともなって現在では減っていますが、家に「○○さんは借金をしているのに返済をしません」といった内容の貼り紙をしたり、近所などにターゲットの不利益になるような悪い噂を流したり、ひどいケースでは暴行を働いたりと直接ターゲットに危害を加えて取り立てを行う闇金の業者もいまだに存在します。

いずれにせよ、度重なる執拗な嫌がらせで、恐ろしさのあまり支払いに応じてしまったり、家庭内で孤立してしまって離婚などで家を出ざるを得なくなる、近所や職場で孤立してしまって引っ越したり仕事を辞めたりせざるを得なくなる、あまりの辛さに耐えかねて自殺してしまうなど、一生を棒にふってしまうという事態になり兼ねません。

闇金のトラブルは、最悪の事態を招いてしまう前に早期に解決する必要があります。

あれこれと悩む前に、まず無料相談を受けましょう

闇金の取り立ては弁護士に相談をしよう 闇金トラブルの相談は弁護士にしよう

闇金の業者は、無理を押し通してでもターゲットから金品をせしめることしか考えていません。

法律を守るつもりなど最初からありませんので、知識も経験もない素人が話し合いで闇金のトラブルを解決させることはまず不可能です。

闇金に関わってしまったら、違法業者に追いつめられる前に、解決実績の豊富な弁護士に相談することがトラブル解決への一番の近道です。

 弁護士に相談したら事態が悪化する、家族など周りの人に知られてしまう、着手金など費用がかかるといった心配は無用です。

相談者に許可なく相談内容を漏らすなどもっての外ですし、相談者にストレスを与えるようなこともありませんので、ためらわずに相談しましょう。

無料でできる相談をきっかけに、今まで続いていた取り立て地獄の毎日が嘘のように一変して、穏やかな毎日を送れるようになったという体験談が多数紹介されています。

闇金からの借金に「債務整理」は使えません

闇金の取り立ては弁護士に相談をしよう 闇金トラブルの相談は弁護士にしよう

闇金からの取り立てに困っている方の中にはあわてて自己破産などの債務整理で解決させようとする方もいますが、闇金のトラブルは債務整理では解決できません。

債務整理はクレジットカードやローン、消費者金融など、法律を守った上で貸し付けられた金品に対して適用されるものです。

闇金は、無登録で営業していたり、不当な利息を請求したりと、法律を守っていませんので法律上は貸付金とは見なされないのです。

闇金トラブルの相談は弁護士にしよう

仮に多重債務のため債務整理を行ったとしても、もともと法律を守るつもりのない闇金業者には通用しません。

連絡先を知られている以上は闇金の取り立てからは逃れられないと思ってください。

闇金からの借金は民法では「不法原因給付」と扱われていて、そもそも支払いの義務もありませんし、返還請求できるケースもあります。

借り入れた側が法律で守られているとはいえ、下手に強気な態度で構えるのは得策とは言えません。

闇金は力ずくでも金品を奪うつもりで動いていますので、トラブルの解決を考えるのであれば、経験豊富な弁護士に相談するようにしましょう。

闇金のトラブルの解決を弁護士に頼んでも不利益にならない?

闇金の取り立ては弁護士に相談をしよう 闇金トラブルの相談は弁護士にしよう

 「弁護士に相談する」という行為自体に抵抗を感じている方も少ないないと思います。

確かに、すべての弁護士が闇金のトラブルに対応できるわけではありませんので、どの弁護士事務所に依頼するか、決めるのは難しいところではあります。

ですが、闇金トラブルの解決に対して熱心な弁護士事務所は、解決までの簡単な流れをホームページで紹介していますし、相談者に納得をしてもらった上で初めて契約という流れをとっています。

闇金トラブルの相談は弁護士にしよう

相談者が納得するまで時間を割いてくれるかは本当に頼れる弁護士事務所であるかどうかの目安の一つと言えるでしょう。

 

そしてもう一つ、弁護士費用も気になるポイントですが、闇金トラブルの解決に関してはあまり高い料金設定はされていません。

闇金のトラブルを放置してしまうと、取り立てで金品を取られてしまったり、仕事ができなくなって収入が無くなったり、ストレスで体調を崩してしまったりと、社会的な信頼や財産を失ってしまうことになり兼ねません。

先々で被る損失に比べると、弁護士費用はそれほど大きな出費にはあたらないでしょう。

闇金トラブルの解決を依頼した場合の弁護士費用は?

闇金の取り立ては弁護士に相談をしよう 闇金トラブルの相談は弁護士にしよう  

闇金トラブルの解決を弁護士に依頼するにあたって、弁護士費用は気になるポイントの一つです。

しかし、弁護士費用は意外に安く設定されていて、料金は闇金の違法業者1社への対応につき5万円前後、着手金のみとなります。

闇金のトラブルは、個人間のトラブルではなく刑事罰に相当する社会問題であって緊急的な処理が必要と考えられているため、依頼人に負担をかけないようにと配慮されています。

支払方法も、分割払いや後払いが可能だったり法テラスの費用立て替え制度を利用できたりと、他の案件と比べるとかなり柔軟に対応してもらえます。

闇金トラブル、相談から解決までの流れ

闇金の取り立ては弁護士に相談をしよう 闇金トラブルの相談は弁護士にしよう  

闇金トラブルの解決を弁護士に依頼するにしても、解決までの流れがイメージできず不安になることもあるかと思います。

では、実際どんな流れになるのでしょうか。

まずは相談ですが、相談は、電話やメールでの簡単な聞き取りと、実際に面談して状況や証拠品などを確認する場合と2段階に分かれます。

闇金トラブルの相談は弁護士にしよう

面談ではトラブルを解決するにあたってのアドバイスをもらえます。

アドバイスや解決までの流れの説明があって、納得がいけばこの段階で解決を弁護士に依頼する契約を交わすことになります。

料金の支払いに関しても契約前に確認しておきましょう。

契約が成立した後の作業は弁護士費用がかかります。

ここで一つ知っておきたいのは、契約が成立すると、たとえ正規の消費者金融であっても借金の督促はできなくなる、ということです。

闇金トラブルの相談は弁護士にしよう

契約が成立すると、弁護士から闇金の違法業者へ「受任通知」が発送されます。

受任通知は、弁護士や司法書士が闇金とのトラブルの解決に着手したことを知らせるものです。

状況によっては、弁護士や司法書士が業者に直接電話をして知らせることもありますが、いずれにせよ、弁護士や司法書士が介入したことを知ってもなお取り立てを行った場合は法律に違反したことになります。

闇金トラブルの相談は弁護士にしよう

最近では、知らせが入った時点で取り立てに遭わなくなるケースが多くなっています。

 

しかし、中には実力行使で取り立てを続ける違法業者もいます。

悪質な場合は、電話会社、銀行などの金融機関、もしくは警察に届け出て、連絡手段や振込手段を断ったりする必要が出てきます。

申告書や告発状などの書類を作成、提出しなくてはいけなくなりますので、こういった場面では、弁護士や司法書士の手助けはとても頼りになります。

 

取り立てに遭う心配が完全に無くなった時点で、弁護士との契約は終了という流れになります。

取り立てが完全に無くなるまでは、弁護士との連絡はきちんと取って闇金トラブルの解決に向けて連携していきましょう。

闇金トラブルの相談は弁護士の方が良い?

闇金の取り立ては弁護士に相談をしよう 闇金トラブルの相談は弁護士にしよう

闇金のトラブルは司法書士事務所でも相談を受け付けています。

弁護士と司法書士、どちらにお願いするほうが良いのか迷う方も多いと思います。

ここで知っておきたいのは、「司法書士は書類を作成することが主な業務」であるということです。

司法書士の権限は限られているので、何かのきっかけで訴訟問題に発展した場合には対応できなくなる可能性が出てきます。

闇金トラブルの相談は弁護士にしよう

とはいえ、闇金のトラブルを解決して依頼人に平穏な日常を取り戻してほしいと願う気持ちに違いはありません。

闇金のトラブルを解決してもらったという経験者の中には、特定の司法事務所を多く薦めている方もいます。

一括りに闇金と呼んでいても取り立ての状況はそれぞれで、ある程度の金額が取れれば引き下がる違法業者もいますので、怒鳴り声をあげて取り立てをするような業者でなければ司法書士事務所でも対応は可能です。

司法書士事務所にお願いする場合は、状況次第で弁護士にも依頼することになるということは念頭に置いておきましょう。

改めて弁護士にお願いする場合は、別に弁護士費用がかかることは承知しておいてください。

闇金トラブルの解決方法まとめ

闇金の取り立ては弁護士に相談をしよう 闇金トラブルの相談は弁護士にしよう

以上、闇金と関わってしまった場合、どんな取り立てが行われるか、どんな対処が必要かをご紹介いたしました。

相手が闇金と知っていても知らなくても、取り立てが始まるとパニックを起こしてしまい冷静な判断ができなくなっている方も少なくはないと思います。

放っておくと取り立てはひどくなるばかりですし、状況を冷静に判断して事態の早期解決を図るためにも、弁護士の無料相談を受けてみてください。

この記事が闇金の取り立てに脅えて暮らしている方が平穏な日常を取り戻すきっかけになれば幸いです。

»TOPへ戻る

債務整理 完全ガイド

債務整理の関連リンク

その他の債務整理情報などをまとめましたのでご覧ください。

ページのトップへ戻る