自己破産は弁護士に無料相談しよう|債務整理完全ガイド

自己破産を考えているなら早期解決しましょう。

前へ
次へ
トップ > 自己破産特集 > 自己破産まるわかり完全ガイド

「自己破産」で人生終わる?勘違いしてませんか?

自己破産は弁護士に相談をしよう

自己破産は、いろいろな情報が飛び交っていて正確な情報がきちんと知られていないせいで、多額の借金の問題が未だに解決を見ないまま深刻な事態、借金地獄に陥っていることが多く、社会問題になっています。 ここでは、最も多くの人に名前を知られているにも関わらず、いろいろと誤解の多い「自己破産」について取り上げたいと思います。

多額の借金を抱えているにもかかわらず、事故や病気など予期せぬ事態に見舞われて借金の完済が難しくなってしまった、という方や、返済するお金を工面するために毎日つらい思いをしながら頑張ってはみたものの、家計も圧迫されて生活が立ち行かなくなった、という方もいらっしゃるかと思います。借金が原因で生活困難になってしまわないように、借金の問題は「自己破産」という方法で法的に解決させることができます。

 

これで自己破産がまるわかり!

 自己破産は弁護士に相談をしよう

「債務整理」について調べてはみたものの、掲載されている情報が弁護士事務所や司法書士事務所ごとに違うように見えてよく分からなかった、という方もいらっしゃるかと思います。

まず債務整理の手続きの種類ですが、金融庁や法テラスで紹介されているのは、「任意整理」、「特定調停」、「個人再生」、そして「自己破産」の4種類です。

返済が生活を圧迫しはじめた借金の問題は時間が経てば経つほど事態が深刻になってくるため、法律に頼った速やかな解決を計れるように公的機関も対策を取っています。

金融庁なども、市町村などの自治体や弁護士会、司法書士会と連携を取って、無料の相談会を定期的に開催して一人でも多くの方の借金の問題を解決する体制を調えています。

弁護士事務所や司法書士事務所でも無料相談は受けられますが、30分や1時間など、時間が限られている場合もありますので、相談する前に忘れずに確認しましょう。

引き直し計算から始まる債務整理

債務整理を進めるにあたって、まず行われるのが「引き直し計算」です。

借金をしている期間が長ければ、グレーゾーン金利により利息が多く取られている、いわゆる「過払い金」が発生します。

借金の額は、この過払い金を回収する「過払い金請求」で戻ってきた金額を差し引いたうえで決まります。

知っておきたい受任通知

自己破産は弁護士に相談をしよう

債務整理を始めるうえで一つ知っておきたいのが「受任通知」の存在です。

受任通知は、弁護士や司法書士が債務整理に着手したことを債権者(貸主)に知らせる通知なのですが、受任通知を出すことで債権者(貸主)の督促の権利を一時的に停止させることができます。

貸金業法の定めにより、弁護士や司法書士にしか認められていない権限です。

自己破産は弁護士に相談をしよう

当然ながら債務者(借り手)側の借金の返済の義務も一時的に停止させられるので、債務整理の手続きが取り下げられない限り、債務者(借り手)は借金の返済に追われる心配がなくなります。

一時的にではありますが心にゆとりが生まれるので、生活を立て直す手立ても考えられるかと思います。

ただし、保証人が付けてある借金に関しては注意が必要です。受任通知で保証人への督促の権利まで制限することはできないので、受任通知を受け取った債権者(貸主)は、保証人へ借金返済の督促をはじめます。

ですので、保証人をお願いしている方には、債務整理を考えている旨をきちんと伝える必要があります。

ただし、債務整理が原因で家族や親族といった保証人でもない人に返済を強要することは法律で禁止されていますので、家族や親族が借金を支払わなくてはならなくなる心配はありません。

ブラックリストに載るということ

自己破産は弁護士に相談をしよう

債務整理はもちろん良いことばかりではありません。

信用情報機関に債務整理を行ったことが登録されるというデメリットが発生します。

債務整理を行った時点で、借金の返済能力や支払いの能力が低いことを法的に証明してしまうことになりますので、その後5年~10年の間は新規の借り入れなどは難しくなります。

この状態は「ブラックリストに載る」という言葉でよく知られていると思います。

実際にブラックリストというものは存在しませんが、どちらにしても、新規にローンが組めなくなったり、クレジットカードが使えなかったり、場合によってはマンションなどの賃貸物件が借りにくくなったりと、不自由を感じることが多くなるかと思います。

「自己破産」にまつわる誤解について

自己破産は弁護士に相談をしよう

「自己破産」という言葉は知っていても、多くの方はイメージが先行するばかりで、実際にどのような手続きが行われてどんな状態になるのか、正確に把握していらっしゃる一般の方はそれほど多くはないかと思います。

もはや都市伝説級「自己破産」という言葉

自己破産は弁護士に相談をしよう

自己破産に結びつけた都市伝説のために、自己破産をすれば将来においてもさまざまな権利を失ってしまうという誤解もいまだ根強く残っているようですが、そもそも自己破産に、将来のさまざまな権利を奪ってしまうような効力はありません。

自己破産は、借金に苦しむ人にもう一度人生を立て直すチャンスを作るために整えられた制度ですので、運転免許証やパスポートといった身分証明書や戸籍、住民票に自己破産をした事実が文字やマークで記載されることはありませんし、年金や生活保護といった保障が、自己破産のあと一切受けられなくなるといったことはありません。

選挙権や被選挙権も失うということは一切ありません。

財産も全部持って行かれるのも間違い!!

自己破産は弁護士に相談をしよう

自己破産をすると、財産の一切を回収されて生活することもできなくなるという誤解もあるかと思います。

しかし、自己破産では「差押禁止財産」というものが設定されています。

処分する財産の細かい振り分けは裁判所ごとに判断を任されていますが、当面の生活に必要な物、たとえば99万円以下の現金や日用品など、給与の4分の3相当、年金や退職金といった収入、そして仕事に必要な道具などは差し押さえることが禁止されています。

自己破産の手続きをしたと同時に生活をできない状態に陥るということはありません。

ただし、単品で20万円を超える価値のある物に関しては処分されることになります。

 

自己破産での財産処分対象は?

自己破産は弁護士に相談をしよう

処分の対象になるのは、破産手続開始決定時に所有していた財産(破産財団)です。

破産手続開始決定後に新しく取得した財産(新得財産)に関しては処分の対象になります。

自己破産については、所有する財産をすべて処分すれば残りの借金の返済はすべて免れることができる、という誤解もあるかと思いますが、必ずしもそうとは限りません。

自己破産は弁護士に相談をしよう

そもそも、税金や罰金、養育費などの支払いの義務は残ったままです。

また、平成17年1月から制度が変わり、財産の処分とは別に借金返済の責任を果たさなくても良いかを審議する「免責手続」という審議が行われます。

債務者本人によほどの事情、たとえば働けない事情があり無職無収入である、事故などの影響で生活保護を受けなければ生活できなくなった、借金の額が大きすぎて収入だけでは完済が難しい、といった事情がない限りは全面的に借金の返済を免れることはできません。

自己破産の申立てをする前に、無料相談を利用するなどして弁護士や司法書士などの法律専門家に確認することをお薦めします。

自己破産における注意点

自己破産は弁護士に相談をしよう

自己破産の手続きを弁護士と司法書士どちらに頼むか迷っている方も多いかと思います。

自己破産は地方裁判所で手続きを行うので、司法書士では申立人(債務者)の代理人になることができません。

自己破産は弁護士に相談をしよう

肝心な時に専門家が同席できないのはリスクが高いので、自己破産の手続きは弁護士にお願いした方が確実に解決を図れます。

しかし、着手金や成功報酬といった弁護士費用の面での心配はあるかと思いますので、依頼する前に確認した方が無難です。

自己破産の手続きを進めるにあたって、行動や就労にある程度の制限を受けます。

資格が必要な特定の職業や会社の役員などに就くことができなくなったり、後見人になれなくなったりします。

また、管財型の破産手続きを行う場合は、裁判所の許可なく転居や旅行ができなくなったり申立人(債務者)の郵便物は、破産管財人にいったん転送することになったりします。

こういった制限の解除(復権)に関しても厳しいルールが設けられています。

     

国が発行する官報に掲載される

自己破産は弁護士に相談をしよう

また、自己破産に関する情報は「官報」に掲載されることも知っておきたいところです。

官報は国で毎日発行されている公告誌ですが、自己破産の手続きを行うにあたって、「破産手続開始決定」と「免責許可決定」のあと、2回掲載されます。

掲載されるのは、「事件番号」、「申立人(債務者)の住所と氏名」、「決定年月日」、「案件の要旨」、「申立てを取り扱う裁判所名」といった情報です。

自己破産は地方裁判所で扱う案件である以上どうしても避けられません。

自己破産は弁護士に相談をしよう

一般の人が官報を目にする機会はないに等しいので、周囲の人に知られてしまう心配はないでしょう。

ですが、金融機関の関係者がチェックしているので、自己破産の手続きの際に申告漏れがあった債権者から連絡が入ることは考えられます。

自己破産の件は、信用情報として共有されることになります。

官報は闇金業者もチェックしているそうです。借金の勧誘のチラシなど、不審なダイレクトメールが届くこともあるので、騙されないように気を付けましょう。

自己破産の「免責手続」って?

自己破産は弁護士に相談をしよう

破産手続を終了してもまだ借金が残っている場合には、残りの借金の返済を免除するかどうかの審議、「免責手続」が行われます。

ひと口に借金と言っても借金の理由もさまざまですし、同じように、完済が難しくなった理由もさまざまです。

たとえばギャンブルや浪費が原因の借金を完済ができなくなるたびに自己破産を認めていては、債権者が大きな不利益を被ります。

自己破産は弁護士に相談をしよう

場合によっては金融業者が倒産してしまう事態に発展しかねません。そういった自己破産によるさまざまなトラブルを未然に防ぐため、自己破産の手続きには、借金返済の免責を認めるかどうかの審査も行われます。

借金の原因がギャンブルや浪費であるほか過去7年以内に自己破産での免責を受けていないか、自己破産の手続きを進めるにあたって非協力的ではなかったかなどを審査され、免責許可が決まります。

この免責手続で免責許可が下りなければ、残った借金をすべて返済するか、借金の減額は認められる「個人再生」という別の債務整理の手続きに進むことになります。

債務者本人にある程度の安定した収入があり、返済額が5000万円以下であれば、「個人再生」が相当として、借金の減額は認められても免責の許可が下りない可能性もあります。

このように、現時点での借金の完済が難しそうに見えるからといって、誰にでも免責許可が下りるわけではありません。

債務者本人が完済するのは難しい状態であることを裁判官に認めてもらう必要があります。よほどの事情がない限り借金の返済を免れることはできません。

条件で違いが出る自己破産の手続き

自己破産は弁護士に相談をしよう

自己破産の手続きは、地方裁判所へ申立てをしてその内容についてチェックを受けることになります。

借金の理由に問題がないか、売却して債権者にお金を分配できるだけの資産があるかどうかの2点で、「同時廃止型」と「管財型」の2種類に分かれます。

借金の理由に特に問題は見られず、売却できるような財産もない場合には「同時廃止型」が適用されます。

自己破産は弁護士に相談をしよう

この場合、破産手続が開始決定したと同時に終了となるため、手続きも4ヶ月ほどで完了し費用も安く済みます。

破産手続の開始決定は認められても同時廃止型が適用されない場合は、「管財型」の案件として手続きが進むことになります。

管財型は手続きの完了までに6ヶ月以上かかることもあり、費用も多くかかります。

自己破産は弁護士に相談をしよう

また、返済を滞納していたことで行われた強制執行と強制執行によって差し押さえられていた収入の返還に関しても違いが出できます。

管財型の手続きの場合は、破産手続開始決定を受けて強制執行は終了、差し押さえられていた収入の一部は同時点で戻ってきますが、同時廃止型では、破産手続開始決定を受けても差し押さえられていた収入の一部はすぐには戻ってきません。

差押えの分が戻ってくるのは免責手続許可が確定したときです。

強制執行は一時的に停止になりますので、開始決定以降に収入が差し押さえられることはありません。

「同時廃止型」の手続きにかかる費用と手続きの流れ

自己破産は、裁判所へ手続きにかかる費用を収める必要があります。

同時廃止型に掛かる費用の内訳は、
       
  • 申立て手数料(収入印紙代) 1,500円
  •  
  • 郵便切手代  数千円
  •  
  • 官報公告費用(予納金) 10,000円程度

弁護士に依頼する場合は、これとは別に20万円~50万円ほどかかります。

自己破産は弁護士に相談をしよう

自己破産の手続きは裁判所を通じた民事の案件になりますので、申立てを行った段階で手数料が発生します。

また、裁判所から債権者へ向けて通知書などが送付されますので、郵便切手代も用意しなくてはなりません。

官報への公告2回分の費用も申立人(債権者)が支払うことになっています。

同時廃止型の場合は、弁護士に依頼せず、債権者自らで申立てを行うことができます。

確実に同時廃止決定を得られる状況であれば、必要経費は裁判所へ収める分の15,000円程度で済ませることができますが、少しでも申告漏れなどがあれば管財型の手続きへ進んでしまい、弁護士に依頼するよりも費用がかかってしまいます。

自己破産:同時廃止型の手続きの流れ

  1. ①必要な書類をそろえて破産手続きの申立て
  2. ②裁判官との面接が行われます。
  3. ③面接で同時廃止決定される
  4. ④妥当だと判断されたら、破産手続開始決定と併せて同時廃止決定が下され、財産の売却などの手続きは省略されます。
  5. ⑤そして、後日改めて免責手続を進めるための面接
  6. ⑥免責に問題のある事由がないと判断されれば免責許可決定が下ります。

手続き自体は単純に感じる同時廃止型の自己破産手続ですが、問題がないわけではありません。

債権者にも免責許可決定に対して不服申立てをする機会が設けられています。

免責許可決定後1ヶ月が経過した時点で不服申立てがなければ、自己破産が成立して借金返済の義務から免れることができますが、不服申立てが受理されれば、管財型の破産手続きに移行することになってしまうこともあるため、特に弁護士を立てずに自己破産の申立てをする場合は注意が必要です。

この同時廃止型の自己破産は、面接が行われるたり、債権者からの不服申し立てなど、万が一の場合に備えて手続きは、弁護士を通して行う方が賢明でしょう。

「管財型」の手続きにかかる費用と手続きの流れ

管財型の手続きにかかる費用の内訳は、
     
  • 申立て手数料(収入印紙代)  1,500円
  • 郵便切手代  数千円
  • 官報公告費用(予納金)  16,500円程度
  • 破産手続の経費として(予納金) 20万円~

弁護士を立てる場合、これに弁護士費用が20万円~50万円ほどかかりますので、自己再生の手続きを行うには42万円以上の出費が見込まれます。

同時廃止決定と違う点は?

自己破産は弁護士に相談をしよう

同時廃止決定と違って、管財型の自己破産手続きには「破産管財人」が選任され、財産の売却や債権者への配当金の分配に関する手続きを進めていきます。

破産管財人への報酬や財産を売却するための手数料も申立人(債務者)の自己負担となります。

破産手続の経費は、弁護士を立てずに申立てをする場合は40万円~50万円が相場ですが、弁護士を立てると20万円程度に抑えられることもあります。

自己破産:同時廃止型の手続きの流れ

管財型の手続きの流れは、同時廃止型と同じく

  1. ①書類をそろえて破産手続きの申立てをする
  2. ②裁判官との面接が行われ、破産手続開始決定の可否が決まります。
  3. ③開始決定が決まれば、「破産管財人」が選任されて申立人(債務者)の財産についての調査が始まります。
  4. ④ここで売却できるような財産があれば、財産を売却、配当金が債権者へ分配され、「破産手続終結決定」が下ります。
  5. ⑤財産がないと判断されれば、「破産手続廃止決定」となり財産の売却は行われず破産手続は終了し、免責手続に入ります。
  6. ⑥免責許可決定が下りて、債権者からの不服申立てもなく1ヶ月が経過したら自己破産が成立することになります。

この管財型は、債務者の財産の売却や債権者への配当金を分配したりする分、自己破産が成立するまでに時間を要します。

この管財型の自己破産は、処分する財産などがあるため、同時橋形より費用も掛かり、手続きも複雑になってきますので、間違いなく弁護士にお願いしなければ自己破産を成立させるのは難しいでしょう。

自己破産の手続きは、トラブルになる前に弁護士に相談しましょう!

自己破産は弁護士に相談をしよう

自己破産という債務整理の方法についてご紹介いたしました。

自己破産は弁護士に相談をしよう

この記事に載せきれなかった注意事項もまだまだありますので、借金の問題を抱えていて債務整理を行うか迷っている方、解決できるのか不安な方は、ぜひ弁護士などの法律専門家にも相談してください。

何の知識もないまま迷っているより、良い解決方法が見つかります。

弁護士費用に関しても、当サイトで紹介している債務整理に強い専門の弁護士事務所なら、費用の分納(分割払い)が可能だったり、法テラスの「民事法律扶助制度」を利用できる場合もありますので、一度無料相談会に参加してみましょう。

自己破産の相談する弁護士選びは慎重に

自己破産は弁護士に相談をしよう

自己破産を相談する弁護士を間違えると手続き費用が増えたり、自己破産が成立するまで時間が掛かったりとデメリットがさらに増えます。

なぜ?

それは、債務整理(自己破産)を専門として弁護士活動をしていないからです。

自己破産は弁護士に相談をしよう

さらに、債務整理に特化していない事が多い、地方や地元の弁護士に自己破産を相談するだけで、1時間5,000円~30,000円の相談料を取られる場合も多々あります。

しかし、当サイトで紹介させて頂いている債務整理(自己破産)に特化した弁護士事務所は、相談も無料で行っており、債務者が弁護士と話しをしてから断ることもできるのです。

債務整理に特化しているため、経験も非常に豊富であらゆる自己破産手続きを経験されていて、信頼度は抜群です。

自己破産成立までのスピードも非常に早く、手続き費用も安いのが特徴です。

債務整理を専門にしている弁護士に依頼すると様々なメリットがあるためおすすめします。

»TOPへ戻る

 

債務整理 完全ガイド

債務整理の関連リンク

その他の債務整理情報などをまとめましたのでご覧ください。

ページのトップへ戻る