自己破産は弁護士に無料相談しよう|債務整理完全ガイド

自己破産を考えているなら早期解決しましょう。

前へ
次へ
トップ > 自己破産特集> 自己破産の体験談集

自己破産の体験談集「債務整理が解る」

自己破産の体験談を随時追加していきます。弁護士に相談する事を悩んでいたり、考えていたりしている場合は、参考にして下さい。自己破産を弁護士に相談して解決した事例を実際に体験した方々の聞いてみました。

人生が終わると勘違いされている点が非常に大きい自己破産ですが、それは大きな間違いです。勘違いされている場合は、まず自己破産から理解しましょう。

自己破産まるわかり完全ガイド > >

自己破産でリスタート 33歳女性 マキコさん

消費者金融3社と銀行での借り入れが1件、クレジットカード会社が2社からも借り入れし、借金の合計は300万円を超えてしまいました。

月々の返済額はおよそ7万円程で、完済までに10年以上かかるという状況に途方に暮れ、弁護士さんに自己破産の相談をすることにしました。

自己破産については、弁護士さんによって渋る方もいるという情報をネットで確認していましたが、私の場合はすぐに対応してくれました。

給与振込先の銀行を変更したり、退職金の証明のため会社から就労規則を取り寄せたり、反省文を書いたりと、私の行動スピードが遅かったせいもあり、裁判所に出向いて最終的に免責がおりるまでに1年以上掛かってしまいました。

時間はかかりましたが、結果てきに借金がなくなり、生活はとても前向きになりました。誰にも知られることなく進めることができたので、今のところ生活には一切支障は出ていません。

債務整理の最終手段としての破産宣告の考え方 40歳男性 タナカさん

私は過去に一度だけ、破産宣告をした事がありますが、その経験からも自分としては、その後においての大変な生活環境であった実情があり、これから破産宣告を考えているみなさんへ何らかのアドバイスをしたいと感じ、この記事の作成をさせて頂きました。

はっきりいうならば、基本的に破産宣告は最終手段としての債務整理の手段として考える方法がのぞましいといえるかもしれません。

それはなぜかというと、現時点において借り入れをしている債務の中には、余分に返済金の過払い分のお金が有るかもしれないので、その点を考えてみると、その過払い分のお金を回収しながら、元本の分の返済をしていくといったようなやり方の方がのぞましいと考えられるからです。

このため、そうした事態が判明をしたりした場合とかには、なるだけ弁護士や司法書士の先生などへ依頼を行い、調停などの交渉を裁判所の介入のうえでしたりする事が無難であるような感じがします。

私の場合、2007年の9月に破産宣告での自己破産をしたようなカタチでしたが、正直、調停などを行ったりしておけば、過払い金の回収とかが出来たりしたのではないのかといった、後悔などが今あるからです。

そのあたりの確認をしたりしたうえで、破産宣告や調停なりをするかどうかについての判断をするべきであると、私としてはアドバイスをしたいと思います。

まずは、債務整理に特化した弁護士に無料相談するべきだと思います。

自己破産を体験して 36歳男性 健太さん

債務整理は、任意整理や特定調停、自己破産などありますが、自分は過去に自己破産の経験があります。

丁度、グレーゾーン金利などが問題になっていた時期です。最終的に5~7件くらいから借り入れしていました。

返済してすぐに借りて、別の所の返済にあてるみたいに、いわゆる自転車操業をしていました。

借金の総額は220万くらいだったと思います。グレーゾーン金利の廃止前だったので、利息も今より高い業者が多かったです。

初めは自己破産に抵抗があって、任意整理をするつもりだったのですが、弁護士の方と相談して自己破産にしました。

今では自己破産にして良かったと思います。借金で悩んでいるなら、まずは無料相談できる法律事務所で絶対に相談するべきだと思います。

自己破産で借金が無くなりました! 42歳男性 ふるうちさん

5年前、私は自己破産をしました。借金はカードローンから260万円、親の借金の連帯保証人で300万円の総額560万円。

返済が苦しくなったので、こちらで紹介されてる債務整理に特化した弁護士に無料相談したところ、先生から「自己破産」を提案されました。

その後、今後担当してくれる弁護士を紹介され、自己破産手続きをお願いしました。

費用は15万円。分割で支払いさせてもらえたので非常に助かりました。

手続きは「債権者一覧表」「破産申立書」「免責申立書」「陳述書」を作成。

それらを裁判所に提出し受理されました。その3ヶ月後「免責決定書」が私のところに届き、債務の支払いが免除されました。

債務整理・自己破産はどれくらいの借金で可能なのか 45歳男性 ジジマルさん

どれくらいの借金の額であれば、自己破産の手続きをとれるのでしょうか。

私の場合には、総額で650万円ほどの借金で問題なく自己破産できて、借金が全部チャラになりました。

その時、担当の弁護士さんに聞いたのは、若い人だと200万円ほどの借金でも自己破産する人もけっこういるようです。

要するに、その借金で首が回らなくなって、生活できなくなる可能性があるなら自己破産できると言うことです。

ただ、安易に借金して自己破産するとそのあともいろいろ大変なこともありますから注意も必要です。まずは弁護士先生に無料相談するべきだと思います。

»TOPへ戻る

債務整理 完全ガイド

債務整理の関連リンク

その他の債務整理情報などをまとめましたのでご覧ください。

ページのトップへ戻る