債務整理は弁護士に無料相談を|サルでも解る完全ガイド

債務整理を考えているなら早期解決方法はここで知れます。

前へ
次へ
トップ

債務整理を弁護士に依頼しよう、相談しようと考えたのなら

債務整理を弁護士に相談しようと考えたら、このサイトをじっくり読めば、しっかりと理解できて弁護士の先生と話せるでしょう。

借金返済に困った時の対処方法とそのタイミング

債務整理は弁護士に相談する

借金がかさんで来てしまい、どうにも身動きが取れなくなってしまうと精神的にかなり参ってきてしまうものです。

もし、現在の借金地獄で首が回らない状況から開放されるためなら、いっそのこと自己破産してもいいかという気持ちになったり、債務整理を弁護士事務所に相談してもいいのではないだろうかという思いが頭をよぎってくるのではないでしょうか。

債務整理は弁護士ならみんな解決してくれるのは大間違い

債務整理は弁護士に相談する

もし、債務整理を実行することになった場合、どのように、どのタイミングで弁護士に相談したら良いのかですが、実は明確な答えがあるという訳ではありません。

例えばですが自分が債務整理をしようと判断した時が、ベストだという弁護士事務所も有ります。

いろんな法律事務所の宣伝を見てみると、債務整理をすることで楽になれるのだと思って、いざ相談してみると、実際にはどの方法を選んだとしてもメリット、デメリットがあり、必ず何らかの要素は手放さなくてはならないからです。

弁護士とゆっくり相談して債務整理の時期を決めるのがおススメ!

債務整理の相談は弁護士に

自分で債務整理のメリット・デメリットを判断し、その覚悟が決まってからの方が実行するのが良いという意味で、自分の判断した時がベストだといっているのでしょう。

もっと具体的な目安が知りたい方は、自分の給料の30%近くが借金の返済にあてられるのを目処に判断するのも良いと思います。

それぐらいの借金で無くなってしまうと生活が明らかに苦しくなるようになるからです。

どのタイミングで債務整理を実行するか考えるにしろ、債務整理に強い弁護士や法律事務所を選んで相談しすると話が進みやすくなります。

債務整理を頼むときはどちらが良いのか?弁護士と司法書士の比較

債務整理の相談なら弁護士に

お金を借りて返済が厳しくなった、返済方法を変えても上手く行かないという場合には、債務整理をお勧めします。

債務整理の方法として、任意整理・自己破産・個人再生など幾つかの種類があり、自分の収入や借金返済のサイクルに合わせて選択するのが良いと思われます。

これらも当サイトで専門的な知識を身につけてから弁護士と相談すると話しが早く進むでしょう。

債務整理の場合は、法的処理が必要になるので必ず弁護士または司法書士に依頼しますが、どちらでもそう変わりません。

両者を比較した場合、費用が極端に違うこともありませんので、弁護士に知り合いがいる人は弁護士に、司法書士に知り合いがいる人は司法書士に依頼をするといいでしょう。

どちらにもツテがない場合でも、公共機関や法テラスの無料相談を利用すれば、紹介してもらうことも出来ます。

弁護士はすべて一緒かと言えば大きな間違い!

債務整理の相談は弁護士に

ただ地方や地元の弁護士などに相談すると1時間●●円など有料の法律事務所も多く、さらに、債務整理を専門にしていない場合は、早期解決が出来なかったり、減額できる借金を出来なかったりという場合もあります。

なので債務整理を専門にしている弁護士は、数々の複雑な案件を処理しているため、非常に心強く安心して依頼できる点が大きな違いです。もちろん、早期解決にも繋がります。

当サイトとしては、まず債務整理専門の弁護士に無料相談をおすすめしております。

自己破産は弁護士に依頼した方が良い理由

債務整理の相談は弁護士に

ただし自己破産をする場合には、多少事情が変わってきます。自己破産は裁判所に破産宣告をして、免責が下りるのを待ちます。

この場合、弁護士もしくは司法書士が、本人の代理として裁判所まで行き、宣告することになります。

しかし司法書士は弁護士と比較すると、業務の範囲に限度があります。

自己破産の場合は、司法書士が代理で宣告できる対象金額は140万円までとなり、それ以上の金額だった場合は本人が宣告しなければなりません。

その点、債務整理を弁護士に依頼すると、借金対象金額の上限がないため、自己破産の場合は、司法書士よりも弁護士に依頼するのがお勧めなのです。

しかし、債務が140万円以上で、司法書士に自己破産を依頼した場合でも、書類作成や手続きは請け負ってもらえますし、当日は裁判所に同行してくれます。

全て自分のみで行うわけではありませんので、もし司法書士にお願いしても特に心配する必要はありません。

債務整理を弁護士に頼む時のジレンマ|意外と大丈夫ですよ?

債務整理の相談なら弁護士

債務整理どのようにお考えでしょうか。 初めて弁護士さんに電話するときや事務所に行くとき、なかなか踏み出せないとお悩みの方も沢山いらっしゃります。

私は、残念ながら26歳の時に、弁護士さんにお世話になることになりました。債務超過による支払が原因でした。

かなり不安を抱えていましたが、弁護士さんに連絡した後は、もっと早く相談すべきだったと思い後悔したのを想い出します。

精神的な余裕と明るい未来が見えた

債務整理の相談は弁護士に

債務超過に陥った原因などを細かくヒアリングされましたが、なによりも私の将来のことを明るくお話出来たのがすごく心に残っています。

借金の原因は全て自分の責任でしたが、借金のために、自分のしたいことを制限され生活が窮屈になり、ストレス体質になるという本当に悪循環に陥っていて相当落ち込んでいました。

だんだんと、友人関係も希薄になり一人で抱え込んでしまう事が、かなり多くなりました。そんな時に、お世話になった弁護士の先生は本当に明るい存在に見えました。

お陰様で、今では借金も完済し、借金があった時の生活と比べると、毎日が前向きに、日々過ごすことができています。

債務整理の相談は弁護士に

貸主に対しては、ご迷惑をお掛けすることもございますが、逆に毎月返済が遅れることの方が、先方もに迷惑をかけてしまっていると考えてみるとどうでしょう?

出来ない約束を繰り返してしまうよりも、弁護士さんに依頼して借金返済の約束を守り、完済に繋げていくことが、先方もご理解を頂けるのでないかと思います。

今現在、債務超過に陥って悩まれている方は、債務整理の相談だけでも弁護士の先生の所に行って話を聞いていただいてみてはどうでしょうか。

依頼するかどうかは、無料相談を受けた後にじっくりと自分自身で考えればよいのです。

個人情報をしっかりと守ってくれた

補足として家族や奥様にもバレないように借金整理を行ったことなどを行う事も出来ます。弁護士はクライアントの個人情報をしっかりと守ってくれるので安心して依頼できる点も心強いのです。

さらに、会社にもバレたくない人も多いと思いますが、もちろんそこもしっかりと秘密にしてバレないように債務整理をしてくれいますのでご安心ください。

教えて!債務整理のメリット・デメリット

債務整理は弁護士に相談

債務整理は借金を整理するために国が定めた制度で、細かく仕分けると自己破産や任意整理、個人再生等が挙げられます。

メリット
債務整理を行う上で大きなメリットとなりうるのは、借金による家計の負担を解消する事で、例として自己破産であると、個人・企業に関係なく免責を受けることで、個人・企業に関係なく全ての支払義務から開放される事になります。そう借金の返済から逃れる事ができるんです。 個人再生は借金自体を解消することはできませんが、大幅な減額をすることが可能で、任意整理では裁判所を通さずに行いますので、特定の企業だけと和解するなどができるようになります。 ●デメリット
対するデメリットとして、利用する制度によって違いは有りますが、自己破産では資産の全てを手放すことになり、個人再生でもほぼほぼ全ての資産が回収されることになります。 任意整理については資産を残すことができますが、借金全てを減額というようなことは出来ませんので、多重債務者には何の役にも立たない場合もあります。

また、どのような債務整理の方法であっても、信用情報にキズが付いてしまい、ブラックリスト入りとなってしまいますので、今後は一定期間でクレジットカードの作成やローンを組むといったことが出来なくなってしまいます。

デメリットの大きい順は?

債務整理の相談は弁護士に

基本的にメリットが大きいほどデメリットも大きくなる傾向にあり、自己破産、個人再生、任意整理の順番に度合いが小さくなっていきます。

自己破産をすれば借金の面倒事から開放されますが、その代わりに預貯金なども失うことになりますので、今までの生活は出来ないと判断した方が良いでしょう。詳しくは自己破産についてを読んでみて下さいね。

任意整理ではデメリットが少ないですが、メリットも大きくありませんので、自分の借金の金額によって制度を使い分けることが重要になってきます。

弁護士に借金返済を相談する際のメリットとデメリットは何か?

債務整理は弁護士に相談

弁護士に借金返済を相談するデメリットは、ほとんどありません。 最近の法律事務所では、初回のみとなりますが無料で相談に出来るところが多くなっています。

一定の時間を過ぎると相談料が発生することがありますので注意が必要になってきますが、債務整理が必要なのかどうかを判断するだけなら、30分から1時間の面談でも大丈夫でしょう。自分がメリットがあると判断した場合にのみ依頼すればいいのです。

気になる債務整理の弁護士費用は

正式な依頼となると、報酬がそれなりに高額になります。 任意整理ですと、着手金10万円、成功報酬10%というところになります。

しかし、メリットがあると判断した場合にだけ依頼すればよいので、期待を裏切られるようなことはありません。多くの場合、借金を減額できるメリットのほうが大きくなります。

一番のデメリットは信用がない
債務整理の相談は弁護士に

また、債務整理行うとブラックリストに載ることになり、しばらく金融機関からの信用が落ちるというデメリットがあります。

このデメリットが最も大きいかもしれません。ですが、相談するだけならば信用問題には何ら影響はありません。

弁護士の相談料については、1時間5000円程度という所が多いようですが、法律事務所によって料金設定が異なります。

無料相談を有効活用する

弁護士に相談する場合は、初回30分から1時間の無料相談を有効活用しましょう。

また1件の法律事務所で決めなくてはいけないわけではなく、複数の事務所で無料相談に載ってもらいアドバイスを貰うのも良いでしょう。

最終的には1つの事務所に依頼することになりますが、正式な依頼をするまでの間なら、いくつの事務所で相談をしてもよいのです。

信用情報のブラックリスト入り?債務整理のリスクマネジメント

債務整理は弁護士に相談

債務整理を行うと、信用情報がブラックリストに載ってしまいます。

借金返済に困窮している場合でも簡単に債務整理を行えない理由の一つとして、ブラックリストに入ってしまい、長期間金融機関からの信用を失ってしまうことがあげられます。

勘違いされる債務整理と過払い金請求

債務整理の一つとして過払い金請求を考えている人がいますが、過払い金請求するだけならばブラックリストに載ることはありません。

ブラックリストに載る事としては、過払い金請求後に借金が残っており、それを任意整理した場合があげられます。

ブラックリストに載る期間は?
債務整理の相談は弁護士に

信用情報ブラックリストの掲載期間としては、任意整理の場合は5年になります。

任意整理で問題を解決してしまう理由の一つとしては、ブラックリストに掲載される期間が短期間であるということがあります。

個人再生や自己破産の場合は、5年から10年という長期間ブラックリストに掲載されてしまいます。

個人再生と自己破産はデメリットが等しい場合、自己破産したほうが得になると考える人がいるかもしれませんが、ある程度の職業に就いている、若しくはマイホームを残そうなどと考える方は個人再生を選ばれる場合もあります。

債務整理の相談は弁護士に

債務整理については他にも色んなデメリットがありますが、ブラックリストに掲載されて信用情報に傷がついてしまうという事が、一番大きいデメリットのケースでしょう。

若い人は、マイホームを購入する際に住宅ローンの審査に通らず購入出来なくなるということも有ります。

地方に住んでおり、日常生活で車が必要になるという場合にローンが組めなくなり、生活に支障が出ることもあります。

以上を踏まえたうえで、デメリットを考慮してもなお借金の負担を減らさなければならないという場合には、債務整理を検討してみるとよいでしょう。

債務整理の手続き方法の種類について紹介しましょう

債務整理とは、借金を抱えて苦しんでいる方々を救済する手続きを言います。それは、自己破産・任意整理・個人再生などの手続きの事を債務整理と呼びます。ちなみに、自営業や企業などが負債を抱えて借金を整理する民事再生も債務整理のひとつです。

債務整理のそれぞれの手続きを簡潔にまとめましたので、ご覧頂き理解を深めて頂ければ幸いです。

»TOPへ戻る

債務整理 完全ガイド

債務整理の関連リンク

その他の債務整理情報などをまとめましたのでご覧ください。

ページのトップへ戻る